1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

ニュースやテレビ番組を取り上げて気ままに書いてます。


プロフィール

bj70

Author:bj70
気ままに書いてます。
ごゆっくりどうぞ!!

i2i
CSS3のMedia Query
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19

Category: その他テレビ

Tags: 腰痛患者に多い3つの姿勢  みんなの家庭の医学  

本文: 0  Trackback: 0

腰痛患者に多い3つの姿勢 みんなの家庭の医学
本日放送の

「たけしの健康エンターテイメント!

みんなの家庭の医学」で、

腰痛患者に多い3つの姿勢」を紹介していた。


伊那病院 整形外科部長

「石橋英明」先生の話では、

腰痛患者には特徴的な3つの姿勢があり、

姿勢を見ればどんな腰痛か分かるそうだ。

ひざ痛が消える「片足立ち」の魔法 整形外科学会が提唱する「ロコモ体操」の威力



ひざ痛が消える「片足立ち」の魔法


「腰痛患者に多い3つの姿勢」



①「腰が反るタイプ」

→腰から背中が反っている

「メタボによる腰痛」

中年の男性に多くみられる腰痛で、

お腹に沢山脂肪がつくと、

腹筋と背筋のバランスをとるために背中を反るので、

負担がかかって腰が痛くなる。


②「前かがみのタイプ」

→少し前傾姿勢

「腰部脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニア」

・腰部脊柱管狭窄症

背骨の中の脊柱管が狭くなり神経が圧迫される。

腰を反らすとさらに脊柱管が圧迫されるので、

前かがみになる。

・椎間板ヘルニア

椎間板に負担がかかり、

椎間板の中の髄核が後ろに飛び出し、

神経を圧迫して腰が伸びないので、

前かがみになる。


③「背中が丸いタイプ」

→背中が大きく曲がっている

※年齢によって腰痛の原因が違う

・50歳以下

「姿勢の悪さ・背筋の弱さ」

・60歳以上

「圧迫骨折」

前かがみになり背中が丸くなる。



心臓などが弱い人が圧迫骨折になると、

心臓が直接圧迫され、

心不全になることもなる。

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。