1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

ニュースやテレビ番組を取り上げて気ままに書いてます。


プロフィール

bj70

Author:bj70
気ままに書いてます。
ごゆっくりどうぞ!!

i2i
CSS3のMedia Query
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02

Category: その他テレビ

Tags: ケチャップとウィンナーに共通するルール  世界一受けたい授業  

本文: 0  Trackback: 0

ケチャップとウィンナーに共通するルール 世界一受けたい授業
本日放送の

「世界一受けたい授業」で、

「ケチャップとウィンナーに共通するルール」

があるという話をしていた。


ケチャップとウィンナーは、

格付けがある食べ物で、

日本の食物に関する基準を決める機関“JAS”によって、

標準、上級、特級などの格付けがされているそうだ。

デルモンテ トマトケチャップ特級[1kg]



デルモンテ トマトケチャップ特級[1kg]


ケチャップの場合、ポイントは甘さで、

特級は、アミノ酸などが多く入っているので、

標準と比べて、

少し甘く感じるそうだ。


ウィンナーの場合、

特級は、豚肉や牛肉のみを使い繋ぎを使用していないもの、

上級は、デンプンなどを繋ぎに使ったもの、

標準は、豚肉や牛肉の他、鶏肉などを使用したものだとか....


この話を聞く限り、

素材の品質は関係ないようだ?


【番外 メモ(本日の放送で気になったこと)】

日本の食品衛生法では、

不潔、異物の混入又は添加その他の事由により、

人の健康を損なうおそれのあるものは、

販売製造してはいけないと定められているが、


アメリカでは、

食品医薬品局が定めた食べ物の欠陥基準があるが、

例えば、ピーナッツバターでは、

100g中、30以上の昆虫の破片が混入していれば欠陥、

カレー粉では、

100g中、4本以上の※げっ歯類の毛が混入していれば

欠陥と定めていて、

それ未満なら問題ないとしているそうだ。


日本人の感覚としては考えられないが、

製造過程で避けることは難しく、

人体に影響ないと考えられているからだとか....

※ねずみ目の小動物の総称

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。