1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

ニュースやテレビ番組を取り上げて気ままに書いてます。


プロフィール

bj70

Author:bj70
気ままに書いてます。
ごゆっくりどうぞ!!

i2i
CSS3のMedia Query
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21

Category: その他テレビ

Tags: ビートたけし  浅草の伝説の男たち  日曜ゴールデンで何やってんだテレビ  

本文: 0  Trackback: 0

ビートたけしさんが見た 浅草の伝説の男たち
昨日放送の

「日曜ゴールデンで何やってんだテレビ」で、

ビートたけしさんが浅草の修業時代見聞きした、

「浅草の伝説の男たち」の話をしていた。


ビートたけしさんが芸人としての第一歩を踏み出した、

「浅草フランス座・東洋館」


大きな地図で見る


5年間の修業時代を過ごした浅草で、

数々の「浅草の伝説の男たち」を目撃したそうだ。


伝説の男その1

浅草のターザン



ターザンと言えばジャングルの王者だが、

40年ほど前の浅草フランス座近くで、

ビートたけしさんが目撃したのは、

パンツ一丁で雄叫びをあげ、

何処にも繋がっていないロープを持って走る男....

当時、浅草で有名だった「浅草のターザン」だったそうだ。


ストリップの踊り子たちに釘付けになっていたので、

興味を持ったビートたけしさんは、

「腹減ってんなら何かおごろうか?」と声を掛けたところ、

「ターザン、バナナしか食べない」と答えたので、

「あ、そう....何で服着てないんだい?

みっともねぇ~から何か服着た方がいいんじゃねぇの~

あ!このアロハやろうか?」と言ったら、

「ターザン、風邪引かない」と答えたそうだ。


その場しのぎの同情を拒否する、

力強い言葉を残して去って行った「浅草のターザン」だが、

冬、観音さんの裏で肺炎で亡くなったとか....


伝説の男その2

銀幕破りのセイちゃん



古い言葉で、映画のスクリーンを銀幕と言うが、

映画館に現れた「銀幕破りのセイちゃん」は、

当時、国民的スターだった「石原裕次郎」さんの大ファンで、

「石原裕次郎」さんが危険な目に合うシーンを見て、

上映中の映画館から出て行ってしまったそうだ。


後日、同映画の上映中に現れた「銀幕破りのセイちゃん」は、

手に刀を持っていて、

「石原裕次郎」さんが危険な目に合うシーンで、

スクリーン(銀幕)を切ってしまったそうだ。


「銀幕破りのセイちゃん」の頭に、

「石原裕次郎」さんが映り、「どけ!この野郎」と言えず、

皆、映画館から出て行ったとか....


伝説の男その3

オペラのジュウちゃん



浅草ロックで一匹狼の悪だった「オペラのジュウちゃん」だが、

ある日、日々の行いから浅草の怖い方々に目をつけられ、

ボコボコにされてしまい、

「調子に乗りすぎなんだよ!コラ~」と言われ、

強がりからか「ふざけんじゃねぇ~ぞこの野郎」と叫んだところ、

「まだ懲りねぇみてぇだな~てめぇわ~

オイ!簀巻きにして川へ放り込むぞ!」とゴザでグルグル巻きにされ、

隅田川に投げ込まれてしまったそうだ。


あわや隅田川の藻屑と思われた「オペラのジュウちゃん」だったが、

バサロ泳法の様に手足が使えないまま泳ぎ、

翌朝、隅田川の貸しボート屋さんのご主人に発見されたそうだ。


発見された「オペラのジュウちゃん」は、

ボートを桟橋に繋ぐロープを銜え耐えていたが、

ボート屋のご主人に、

「あんた、一体どうしたんだよ!」と言われ、

このままでは桟橋を登れないと思い、

助けを求めようと「助けて」の「た」と言った瞬間ロープから離れて、

「すけて」は流された向こうで聞こえたそうだ。


その後、何とか助けられ九死に一生を得たとか....


伝説の男その4

浅草のアトム



フランス座の前を歩いていたビートたけしさん

反対方向から、「アトム」と口にしながら逃げて来る人々がいて、

「何のことだろう?」と思っていたら、

頭に鉄腕アトムを連想させる、

七三の刺青を入れた男が立っていたそうだ。


顔は強面で異様な迫力があり、

「ホントにアトムだ~」と言ったら、

「何だこの野郎~、今、アトムって言ったか~」

と言ったか言わないかはは分からないが、

「それだけじゃねぇぞ~」と言って、

詰めた指の先に彫ってある般若のお面の刺青を見せて、

「どうだ~これが一番痛いんだぞ!」と言うので、

「シャチハタネーム」と言ったら、

「人が苦労して入れた刺青がシャチハタネームだ~この野郎」と言って、

浅草中追い掛け回されたとか....


ビートたけしさんは、

こんな浅草の伝説の男たちに作られてきたたが、

一番影響を受けたのは、

師匠の「深見千三郎」さんだったそうだ。

浅草最終出口 浅草芸人・深見千三郎伝



浅草最終出口 浅草芸人・深見千三郎伝

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。