1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

ニュースやテレビ番組を取り上げて気ままに書いてます。


プロフィール

bj70

Author:bj70
気ままに書いてます。
ごゆっくりどうぞ!!

i2i
CSS3のMedia Query
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23

Category: 噂の!東京マガジン

Tags: なぜ残す!震災マンホール  浦安市民猛反対  噂の!東京マガジン  

本文: 0  Trackback: 0

なぜ残す!震災マンホール浦安市民猛反対 噂の東京マガジン
本日放送の

「噂の!東京マガジン」“噂の現場”で、

浦安市が行う震災モニュメント整備工事について、

市民が猛反対している騒動を取り上げていた。


東日本大震災のつめ跡は今も深く残っていて、

東北各地でも震災を忘れないよう、

様々な震災モニュメントを残す残さないで議論がされているが、

千葉県浦安市では、液状化で飛び出したマンホールを、

モニュメントとして残すかどうか、

市と市民の間で騒動が起きているそうだ。


2011年6月1日、浦安市「松崎秀樹」市長が、

「防災の目玉が一気に破壊され、

恥ずかしいが液状化被害の象徴、日々震災の記憶は風化していく、

被害の象徴として残すことにした」

と記者会見で発言し、

震災モニュメント整備工事は始まったが、

浦安市民は猛反対していて、

約3,800人が反対に署名しているそうだ。


浦安市が、震災モニュメントとして

残そうとしているマンホールは、

地下に埋まった貯水槽が水道管と繋がっていて、

常時100トンの水が蓄えられ、

震災時には、1万人が3日間使えるはずで、

1億2千万円かけて作られたものだが、

取水口が飛び出して壊れ、使えなかったそうだ。


震度6に耐えるはずの耐震性諸水槽だったが、

震度5強でなぜ壊れたのか?

市の調査報告書によれば、

液状化で浮き上がったことにより、

浮上帽子金具又はアンカーボルトが

破損していると考えられるそうだ。


浦安市が、震災モニュメントの予定地としているのは、

マンション・住宅に隣接した公園内だが、

市民が望まないものを、

目の触れる場所に残していいのだろうか?


被災者の心のケアを行った

立川総合病院 精神科「岡田奈緒子」医師は、

震災時、直接マンホールの状況を見て影響がなくても、

毎日見ることで、不安や恐怖を感じるようにる人もいると思うので、

行政側は、その辺りを考慮して、

市民の意見も取り入れ、議論すべきだと思うと語っていた。


【住民の疑問に対する市の考え】

疑問:「なぜモニュメントが必要なのか?」

市の考え:「この震災の記録を形として後世に残していくことも
市がやらなければならないことと考えます。」


疑問:「なぜモニュメントの場所が高洲中央公園なのか、場所の変更は?」

市の考え:「災害を風化させないこと、防災意識の高揚がねらいであることなどから
発生した場所を移すのではなく、この場所に設置することにしました。


疑問:「このままモニュメントにした場合、この地域の水の確保はどうなるのか?」

市の考え:「市内公共施設や学校に貯水できている水は2,179トン。
マンションなどにも7,121トンの水が確保されています。今回以上の災害が発生したときは、
三日分の水は各家庭で確保していただく必要があり、
改めて、日ごろから準備・備えが必要だと考えています。」


震災の記録を後世に残すことも必要だと思うが、

市民が望まないものを、

望まない場所にというのはいかがなものだろう....

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。