1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

ニュースやテレビ番組を取り上げて気ままに書いてます。


プロフィール

bj70

Author:bj70
気ままに書いてます。
ごゆっくりどうぞ!!

i2i
CSS3のMedia Query
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

28

Category: ニュース・日記

Tags: オークション  落札  相場  

本文: 0  Trackback: 0

オークションの落札相場を調べる
最近オークションはしていなかったが、

久し振りにほしいものがあったのでやってみた。


一応落札できた。

久し振りにやってみて、気をつけた方がいいと思ったことを1つ挙げる。


「落札相場について」


慣れているいる人は、あらかじめ落札相場を調べていると思うが、

意外と、知らずに落札して、

後で落札相場というか、半値くらいで落札されていたり、

同様に半値で終了したオークションがあったりして、

ショックを受けることもあるのではないだろうか?


知っている人も多いと思うが、

「aucfun(オークファン)」という、

落札相場を調べることができるサイトがある。


会員登録をしなくても、落札相場を調べるこができる。


「aucfun(オークファン)」:http://aucfan.com/
(リンクは貼ってません。)


このサイトに行くと、

左上の「落札相場」にチェックが入っていると思うので、

検索蘭に、落札相場を調べたい商品の型番などを記入して、

「検索」をクリックすると、最近30日間の平均落札価格と、

落札された商品の詳細情報を見ることができる。


ただし、落札された商品のページが、

削除されている場合は調べることができないようだ。


また、検索期間を変更したい場合は、

平均価格の右横に、

4月 3月 ....と月が表示されているので、

調べたい月をクリックして、

「期間変更をしたいサイトを以下から1つ選択して下さい。」

と出たら、サイトを選ぶと結果が表示される。


現在表示されるサイトは、

「YAHOO!オークション」「モバオク」「楽天オークション」「ビッターズ」


1年以上前のデータを見たい場合は、

「プレミアム会員登録」が必要になる。


自分が安いと思っていても、誰も入札していない商品の場合、

落札相場からかけ離れている可能性がある。


また、YAHOO!オークションを例に取ると、

入札しようと思っている(気になっている)商品の、

オークションページ右上に、

「出品者の情報」と書かれた欄がある。


ここで、「評価:○○○(評価の詳細)」の、
(○は数字)

評価の詳細をクリックすると、

出品者の評価を見ることができる。


出品者の評価は皆さん見ていると思う。
(見ていない方は参考に)

で、何をいいたいかというと、

出品者も、同様にオークションで商品を手にしている場合がある。

その場合、いくらで落札されたものか見ておいたほうがよい。


「この商品は終了しています」と表示されるが、

下へスクロールしていくと、

オークションの情報が見れるようになっている。


ことのとき、「指定されたドキュメントは存在していません。」

と表示された場合には、削除されてしまっている。


この場合、先にも書いたが、情報を見ることはできない。


そして、自分が落札した価格に、かなり上乗せしている可能性がある。


また、商売としてやっているかもしれない。


オークションで安く買って、高く売るのが悪いとは言わないが、

できれば、安く買いたいものだ。


こうした場合、価格のつけかたにも特徴があるように思う。

勝手な推測だが、

見ていると、落札されたい金額から開始している。

定額出品、ましては1円出品などはされていない。


自分が安いと思っても、入札前に注意したいところだ。


書きたいことはまだあるが、

長くなったのでまたそのうちに....

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。