1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

ニュースやテレビ番組を取り上げて気ままに書いてます。


プロフィール

bj70

Author:bj70
気ままに書いてます。
ごゆっくりどうぞ!!

i2i
CSS3のMedia Query
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21

Category: 探偵!ナイトスクープ

Tags: DVDの感想を少年から聞きだして欲しい!  探偵!ナイトスクープ  

本文: 0  Trackback: 0

DVDの感想を少年から聞きだして欲しい! 探偵!ナイトスクープ
今日放送の

「探偵!ナイトスクープ」に、

大阪府にお住まいの「板倉浩子(48歳)」さんから、

「DVDの感想を少年から聞きだして欲しい」

という依頼が届いていた。


依頼者のご主人は、昨年の夏、

勤めていた会社が倒産し、塞ぎこんでいたそうだ。


そこで、かねてから、

「北海道にオートバイでツーリングするのが夢だ」

と言っていたので、

長年、真面目に働いてきたから、

神様がくれた休みだと思って、

思う存分行っておいでと、

家族全員で、快く送り出したそうだ。


沢山の思いを胸に、北海道からの帰路の途中、

函館から青森までのフェリーに乗船し、

甲板でおセンチになっている時、

たまたま、隣にいた小学生の男の子に話しかけたそうだ。


その少年は、青森から北海道に、

修学旅行に行った帰りで、

ご主人は、見ず知らずの少年に、

会社が倒産したことや、旅に出た男のロマン、

人との出会いの素晴らしさを熱く語ったそうだ。


下船時に、「話をしてくれてありがとうございました」

と言ってくれ、嬉しかったご主人は、

「おじさんの旅の思い出の写真を送るわ」と、

少年の住所を聞いて帰ってきたそうだ。


「少年との約束だから」と言って、

自分の旅の思い出の写真を編集し、

お気に入りの音楽まで入れ、

自己満足度100%のDVDと、USJで買った、

ターミネーターのケースに入ったキャンディを、

少年に送ったそうだ。


変に気を使わせてはいけないと、

こちらの住所は「大阪府」とだけ書き、

ワイドに男らしく終わらせるはずだったとか....


再就職し、頑張っているご主人だが、

未だにDVDを見ると、

少年との思い出を思い出しながら、

うっすら涙ぐみ、

「DVDを見てくれたのか?見てどうだったのか??

それだけでも知りたい」


「それが分かれば、少年とは会わずに、

その場を立ち去る」と、

訳の分からないワイルドさを出しながら、

女々しいことを言っているそうだ。


直接ご主人が少年に聞いても、

気を使って返答してくれると思うので、

ご主人と分からないようにして、

DVDの感想を聞かせてやって欲しいとか....


依頼者のご主人は、「板倉孝之(49歳)」さん

「たむらけんじ」探偵と共に青森へ


少年の名前は、「小山内巧(13歳)」くん

お母さんの「小山内いずみ(44歳)」さんと

事前に打ち合わせし、

「巧」くんの帰り道を待ち伏せることに....


「板倉」さんにきぐるみを着て道で倒れてもらい、

「たむらけんじ」探偵が、

「大丈夫?熱い....助けて欲しいな誰かにな」と、


熱くて困っているところを助けてもらう作戦だったが、

「巧」くんが通過してしまい、

「たむらけんじ」探偵が、「助けて~」と叫び、

「巧」くんが止まってくれた。


「涼しいとこないかな~」と言うと、

「僕の家にまでくれば涼しい」と言ってくれて、

「たむらけんじ」探偵が、

「助けておくんなまし」という番組で、

きぐるみを着た「板倉」さんを、

「ワイルド」くんと言って、


「巧」くんの家へ行き、

「巧」くんの部屋で涼ましてもらうことに....


「巧」くんの部屋の机に、

「板倉」さんが送った、ターミネーターのケースに入った

キャンディが置いてあり、

それをきっかけに、「板倉」さんとの話になった。


ターミネーターのケースに入ったキャンディは、

大切なものだからと、

机の上に飾っていたそうだ。


また、DVDは、プレイヤーにセットしてあり、

見て凄いな~と思ったとか....


「巧」くんは、DVDが送られてきて、

お礼が言いたかったそうだ。

また、頭の中にいつも思い浮かび、会って見たいとか....


「ワイルド」くんに扮している「板倉」さんは、

この辺りから泣き出し、


「巧」くんが、将来、警察官になって、

「板倉」さんを探したいと言って、


「巧」くんのお母さんが、

送られてきた送り状を見せ、

郵便局に差出人の問い合わせもしていたと知り、


「もう一回おじさんと会って、

話して、もう一回ちゃんとお礼を言いたい」

と言う「巧」くんに、

「板倉」さんは思わず抱きついていた。


「たむらけんじ」探偵は、

「脱がして下さい」と言う「板倉」さんを止め、

一旦、「巧」くんの部屋から出ると、

「可愛いやろ?このまま帰られへんわ」と言って、


「巧」くんの前で、きぐるみを脱いだ「板倉」さん

「巧」くんも泣いていた。

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。