1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

ニュースやテレビ番組を取り上げて気ままに書いてます。


プロフィール

bj70

Author:bj70
気ままに書いてます。
ごゆっくりどうぞ!!

i2i
CSS3のMedia Query
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26

Category: 噂の!東京マガジン

Tags: 多摩川  流れをせき止めた違法釣り堀の謎  噂の!東京マガジン  

本文: 4  Trackback: 0

多摩川 流れをせき止めた違法釣り堀の謎 噂の!東京マガジン
今日放送の

「噂の!東京マガジン」“噂の現場”で、


多摩川の支流「魚らん川」を、

何者かが堰き止め、釣り座を設置するなど、

釣り堀化しているという問題を取り上げていた。


大きな地図で見る


問題の釣り堀は、丸子橋から上流へ1.2km行った、

川崎市中原区の河川敷にあり、

草木が生い茂り、周囲から見えない場所で、


釣り座が設置、机も置かれ、

川は、土嚢やベニヤでせき止められており、


釣り座には、国土交通省による、

撤去を求める注意書きが貼られていた。


河川内に工作物を作る場合、

管理者の許可が必要だが、許可なく作られたようだ。


また、別の問題もあり、

今回の情報を提供してくれた「白石(仮名)」さんの話では、

釣り堀に、何処がで捕まえてきた魚を放流していて、

利用者から聞いた話では、

雷魚を1匹入れたとか....


【河川法】

第26条

河川区域内の土地に工作物を設置する場合には

工作物の新築等の許可が必要


第24条

国有地に工作物を設置する場合には土地の

占有の許可が必要

※個人使用を目的とした工作物は原則認められない


番組ディレクターが釣り堀の利用者に、

「ここは釣り堀ですか?」と聞いてみると、

「いや違います」


「前からこういうふうに出来ていたのね!

誰がやったか知らないけどね!!」


「最近国土省の人がうるさくなってきてさ~

だから、僕らここでやらないであっちでやります」と言って、


少し離れた場所で釣りを始め、

「ちった~手を加えた部分はあるし、

利用している部分はありますよ!」と言っていたが、

手を加えた部分は少しではなさそうだ。


また、国土交通省に撤去を求められていることについて、

「皆さんで撤去するんですか?」と聞いてみると、

「しない、しなきゃ国交省がやるでしょ!」と言っていたが、


国土交通省は、あくまでも、所有者及び利用者の自主的な撤去、

原状回復を求めているようだ。


外来魚を放流したのでは?という問題に関して、

お魚ポスト代表の「山崎充哲」さんにお願いし、

釣り堀の生態調査をしてみたが、


1時間の調査で、フナやドジョウなど、

多摩川に元々生息している魚が見つかっただけで、

外来魚はいなかった。


「魚らん川」には、湧き水があるようで、

水が冷たく、魚の生息には適していないそうだ。


※「山崎充哲」さんは、

多摩川の生態系を守るため、

誰もが自由に魚を入れられるお魚ポストを設置し、

飼えなくなった観賞魚や外来魚を、

多摩川に放流しないよう引き取っていて、


多摩川には、本来いない外来魚を捕獲し、

里親を見つける活動もしているそうだ。


一方、多摩川での漁業権を持つ、

川崎河川漁業共同組合、組合長「井口文夫」さんは、


多摩川で釣りをする場合、

料金を払ってもらいたいと言っていたが、


釣り堀の利用者は、

「こんなの釣っててお金取られるのは、

正直、僕、納得でできないですよ!」と言っていたが、

小さい大きいの問題ではない。


※多摩川の遊漁料(高校生から)

あゆ、こい、うなぎなど、

全ての魚種の場合、1日、1000円、

小さな魚は、1日、500円


外来魚の放流については、

「誰がそんなこと言ってるの?ないないない、100%ない」


「僕らがそこに放したのはね、ありますよ放したこと、

それは、タナゴ釣った時に放したりね、

知り合いが、等々力からクチボソを持ってきて放してくれるぐらい」


「あそこ(釣り堀)だったら、

逃げられなくて釣れるかな~と思うけど、

雨が降ったら全部逃げちゃう」と、


釣りを楽しむために、小さな在来魚を放流しただけで、

生態系を脅かすような外来魚は放流していない

というようなことを言っていが、


「知り合いが持ってきて」と言っていることから、

取材に答えた人が放していないとしても、

他の人が放した可能性もある。


また、釣り堀近くの新しい釣り場にも、

パラソルを立てる違法な工作物があったが、

「見て見ぬふりしてくれよ~

定年後のさ~年金のジジイがさ~こうやって肩寄せ合って

ひっそり釣ってんだよ

俺、それ言いたいんだよな~」と言っていたが、


何の訴えだろう?

何の正当性も見当たらない。


番組司会者の「森本毅郎」さんは、

「あれはね~僕なんか見てるとね~、

トムソーヤの冒険とかね、ハックルベリーフィンの冒険とかね、

そういう少年時代を思い出すんですよ!」


「こう、秘密の通路を通ってって、

そこに自由な世界が広がる」


「それをおじいちゃん達がやっているわけよ!

だからね~どうなのかな~ま~その~、

最後にあのお父さんが言ってたけど~、

こんなことで色々やられるの?見逃してよ~っていってたじゃない。

あれは結構ね、僕ね、悲痛な叫びだと思うんだよ!」

と言っていたが、


何が悲痛な叫びなんでしょう?

釣りをして楽しむのは結構な話だが、

ルールを守っての話で、

トムソーヤやハックルベリーフィンの話を持ち出すのもおかしな話だ。

良識ある大人がするべきことではない。


また、「この番組でね~、法律違反だからダメだっていうのはね~、

簡単なんですよ!それでおしまい、

それでいいのか?って僕は何か釈然としない」

と言っていたが、

公のテレビで、そんないい加減な話をしている方が釈然としない。


釣り堀の利用者は、

釣り座などの撤去はしないと言っていたが、

自主撤去が進んでいるようだ。

Comments

初めまして
僕が、「噂の!東京マガジン」に情報を提供した本人です。
検索していたら、偶然ここに辿り着きました。
番組を見て頂き、そして、その趣旨に賛同してもらえたことを嬉しく思っています。

テレビを見た人は「どうせテレビだから、やらせとかあるんじゃないの?」と思った人も多いでしょう。

僕は「釣り堀」ができるずっと前からあの場所のことを知っていますので、ブログには、当事者しか知りえない、テレビで放送されなかったことを書いていこうと思っています。

テレビに映っていた図々しい釣り人は、僕と警察官の前で、間違いなく「雷魚を放流したけど、なかなか釣れないんだよ」と言ってましたし、「釣り堀」のそばにはサカナの捕獲に使ったと思われる「サデ網」も置いてありました。
テレビカメラの前で嘘をついたということは、自分達がやったことが悪いことだという自覚はあるのでしょうね。
Re: 初めまして
白石さんはじめまして

コメントいただき、ありがとうございます。


> 僕が、「噂の!東京マガジン」に情報を提供した本人です。

ご本人ということで、少々ビックリ致しました。


> 検索していたら、偶然ここに辿り着きました。
> 番組を見て頂き、そして、その趣旨に賛同してもらえたことを嬉しく思っています。

私の方でも釣り座を勝手に作る輩がいて、我が物顔に占拠しています。
(釣りはしませんが、野鳥観察&撮影等で川へは行きます)


> テレビを見た人は「どうせテレビだから、やらせとかあるんじゃないの?」と思った人も多いでしょう。

実際やらせも多いので、私もテレビは信用していませんが、
今回の件は他人事とは思えませんでした。


> 僕は「釣り堀」ができるずっと前からあの場所のことを知っていますので、ブログには、当事者しか知りえない、テレビで放送されなかったことを書いていこうと思っています。

ブログ拝見致しました。


> テレビに映っていた図々しい釣り人は、僕と警察官の前で、間違いなく「雷魚を放流したけど、なかなか釣れないんだよ」と言ってましたし、「釣り堀」のそばにはサカナの捕獲に使ったと思われる「サデ網」も置いてありました。

なるほど~100%ないと言っておきながら....


> テレビカメラの前で嘘をついたということは、自分達がやったことが悪いことだという自覚はあるのでしょうね。

善悪の分からぬ子供がやるなら分かりますが、
確信犯では始末におえませんね!
はじめまして。「東京マガジン」の多摩川の件が気になり、検索していたところこちらにたどり着きました。

私は夫と番組を見ていましたが、スタジオの論調はあまりに稚拙と感じました。
いい年した大人たちの言い分、聞いて呆れます。
私は20代ですが、「年金暮らし老人の密かな楽しみ」・・・だから何?ルールを守ることとは別問題でしょう。
子供たちに手つかずの自然を、生態系を、残してあげたいものです。

いつも(基本的に)楽しく拝見し、いろいろと勉強させていただいている番組なので、今回は少し残念でした。
Re: タイトルなし
tonさんこんばんは

コメントいただき、ありがとうございます。


> 私は夫と番組を見ていましたが、スタジオの論調はあまりに稚拙と感じました。
> いい年した大人たちの言い分、聞いて呆れます。
> 私は20代ですが、「年金暮らし老人の密かな楽しみ」・・・だから何?ルールを守ることとは別問題でしょう。

同感です。

私は、野鳥観察、撮影の趣味があるのですが、
釣り同様、自然の中で楽しむもので、山や川へよく出かけます。

バードウォッチャーにも、ルールを守れない方が多く、
注意することもあるのですが、「この若造が」と逆ギレされたことがあります。
(若くはないのですが)

撮影に邪魔な木を切り、野草を踏み潰し、貴重な湿原に踏み込むなど、
草木や湿原が減少することはもちろん、

野鳥の生息環境が悪化することで野鳥が減少すれば、
自分達の首を絞めるのに、その場がよければそれでよしという、
身勝手な考え方がどうにも....


今回の現場は、もともと魚が生息するには水温が低いようですが、
我が物顔に好き勝手していいはずがないですね。


> 子供たちに手つかずの自然を、生態系を、残してあげたいものです。

私もそう願います。


> いつも(基本的に)楽しく拝見し、いろいろと勉強させていただいている番組なので、今回は少し残念でした。

同感です。

自然環境の問題に関しては、意見が合わないようです。
番組の内容と話がずれてしまい、申し訳ありませんでしたm(_ _)m

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。