1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

ニュースやテレビ番組を取り上げて気ままに書いてます。


プロフィール

bj70

Author:bj70
気ままに書いてます。
ごゆっくりどうぞ!!

i2i
CSS3のMedia Query
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25

Category: ナニコレ珍百景

Tags: 野生のテンを育てる飼い犬  ナニコレ珍百景  

本文: 0  Trackback: 0

野生のテンを育てる飼い犬 ナニコレ珍百景
今日放送の

「ナニコレ珍百景 2時間スペシャル」に、

兵庫県佐用町から、

“野生のテンを育てる飼い犬”

という珍百景候補が投稿されていた。


大きな地図で見る


「吉田長久(72)」さんの飼い犬、

柴犬の「ナナ」ちゃんは、


屋根の上から転がって下に落ち、

ギャーギャーと鳴いていた、

生まれて間もない野生の「テン(ホンドテン)」を抱えてきて、

育てるようになり、

いつの間にか母乳も出るようになったそうだ。


番組では、

「生まれてすぐ母親とはぐれた弱っていたテン」

と紹介されていたが、


屋根の上から転がってきたということは、

屋根裏かその周辺に巣があり、

母親がすぐそばにいたかも知れない。


はぐれていたとしても、

一緒になれる可能性はあったと思うが、

犬と人間がそばにいたのでは近づけない。
(個人的な意見です)


あくまで一時的保護で、

大きくなったら野生へ返すと言っていたが、

許可は取ったのだろうか?


野生動物の多くは、親と一緒にいる間に、

色んなことを学び、

母乳から、成長に必要なものを得ていると思うが、


犬に育てられたテンを野生に返し、

生き抜くことができるか疑問だ。


保護したつもりが、

親から引き離してしまっただけではないだろうか?


ネットの質問掲示板で、

屋根裏から、野生のテンを保護したという書き込みを見かけたが、

親の姿が見えなかったからといって、

育児放棄したと考えるのは....

食事に出かけただけかもしれない。

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。