1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

ニュースやテレビ番組を取り上げて気ままに書いてます。


プロフィール

bj70

Author:bj70
気ままに書いてます。
ごゆっくりどうぞ!!

i2i
CSS3のMedia Query
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26

Category: その他テレビ

Tags: 明日にでも氷河期がやって来る!?  教科書にのせたい!  

本文: 0  Trackback: 0

明日にでも氷河期がやって来る!? 教科書にのせたい!
今日放送の、

「教科書にのせたい!」“ナゾを科学で解明SP”で、

「明日にでも氷河期がやってくる!?」

という話をしていた。


日本の平均気温は、

ここ100年で1.15℃上昇、海水温も1.3℃上昇し、

温暖化が進行している証拠と言われているが、


今危険なのは、

逆の自然現象だというのが、

広島大学准教授「長沼毅」先生....


その自然現象が「氷河期」で、

明日にでもやって来るかも知れないとか....


氷河期といっても、

地球全体を氷で覆ってしまうものではなく、

「ミニ氷河期」と呼ばれるもので、


北極、南極に氷が増え、

局地的に気温が下がる期間が、

20年~100年続く寒い時代で、


ここ1000年の間に、

5回訪れていることが確認されているそうだ。


【ミニ氷河期が起こる証拠】

①太陽の黒点の数

黒点が多いと、太陽の活動が強く、

黒点が少ないと、太陽の活動が弱いが、


今、黒点が少ないので、

太陽の活動が弱まっていて、


過去、ミニ氷河期が訪れた時は、

太陽の黒点が少なかったそうだ。


太陽は、磁場を放っていて、

宇宙からの有害物質を防いでいるが、


太陽の活動が弱くなると、有害物質が降り注ぎ、

大量の雲が発生、


太陽の光を遮断して、

地球が冷えてしまうそうだ。


②太陽の黒点周期の変化

太陽の黒点の数は、増えたり減ったりしていて、

11年周期が普通だが、

その周期が長くなっているそうだ。


③太陽の磁場の変化

太陽の磁場は、南北に正と負の極があり、

2重極構造だが、

4重極構造になる現象が確認されたそうだ。


②③の現象は、

過去1000年に訪れた、

「ミニ氷河期」の始まりに似ているそうだ。


【ミニ氷河期が訪れたら】

東京の最高気温が、

夏でも20℃と札幌並みの気候になり、


東京以北ではさらに気温が下がり、

稲作は壊滅状態で食料不足に、


暖房などのエネルギー消費量が増加し、

生活の根本から変える事態になるそうだ。


寒くなる兆候が見えたら、

できるだけ先手を打ち、

食料やエネルギーの、

安全保障を考える必要があるようだ。


【宇宙天気情報】

「SWC宇宙天気情報センター」黒点情報



http://swc.nict.go.jp/sunspot/

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。