1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

ニュースやテレビ番組を取り上げて気ままに書いてます。


プロフィール

bj70

Author:bj70
気ままに書いてます。
ごゆっくりどうぞ!!

i2i
CSS3のMedia Query
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03

Category: 噂の!東京マガジン

Tags: 大根島  タイワンザル  噂の!東京マガジン  

本文: 0  Trackback: 1

大根島のタイワンザル 噂の!東京マガジン
今日放送の

「噂の!東京マガジン」“噂の現場”で、


伊豆半島の南端にある無人島、

大根島に生息する、

「タイワンザル」を取り上げていた。


大きな地図で見る


昭和40年頃、

観光資源にすることを目的に、

台湾から輸入した「タイワンザル」を、


大根島に放し、

遊覧船の観光会社を設立したが、


昭和50年代前半、

地震などの影響で観光地化がうまくいかず、


海を周遊する権利も含め、

現在の業者の前身の会社に売却、


平成17年、「タイワンザル」が、

特定外来生物に指定され、


平成19年、現在の観光会社に権利が移り、


平成21年、環境省が、

現在の観光会社を「タイワンザル」の飼養者とみなし、


他の施設に譲渡するか、

安楽死処分するように通達し、


現在の観光会社は、

他の施設に譲渡することも考えたが、


近親交配が進んでいるサルだということ、

檻に入れるとストレスになることなどから、


サルの幸せを熟慮し、

安楽死処分せざるをえないと考えているようだ。


環境省は、自然災害などで、

伊豆半島に上陸する可能性もあるので、

現在の状況を認めるわけにはいかないとしているが、

なんとかならないものだろうか....

Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日放送の「噂の!東京マガジン」“噂の現場”で、伊豆半島の南端にある無人島、大根島に生息する、「タイワンザル」を取り上げていた。大きな地図で見る昭和40年頃、観光資源にす

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。