1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

ニュースやテレビ番組を取り上げて気ままに書いてます。


プロフィール

bj70

Author:bj70
気ままに書いてます。
ごゆっくりどうぞ!!

i2i
CSS3のMedia Query
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25

Category: 噂の!東京マガジン

Tags: スプレー缶  穴あけ  排出方法  

本文: 0  Trackback: 0

スプレー缶は穴をあける穴をあけない?噂の東京マガジン
今日放送の「噂の!東京マガジン」の

「噂の現場」で、

“スプレー缶でゴミ収集車が燃える”として、

スプレー缶の排出方法などが論議されいた。


以前は、不燃性のフロンガスが使われていたスプレー缶が、

環境問題から、

可燃性のLPガスが主流となり、


使い切らずに捨てられたスプレー缶が原因で、

ゴミ収集車が燃えるなど、

事故が多発するようになったようだ。


問題のスプレー缶は、

自治体によって排出方法が異なっていて、


使い切ったスプレー缶に、

穴をあけて出すよう支持している自治体と、


使い切ることを条件に、

穴をあけずに出すよう胃支持している自治体。


穴をあけずに出す自治体は、

スプレー缶に穴をあける際、

火災や火傷などの事故があったという報告を受けて、

穴をあけずにだしてもらうようになったそうだが、


穴をあけてから出す自治体では、

風通しのいい場所であれば、

事故は起こらないと考えているようだ。


そこで、スプレー缶業界の考えを聞いてみると、

当初から、使い切って穴をあけずに、

地域のゴミ出しのルールで捨てるようにお願いしていて、


全てのスプレー缶に、

ガス抜きキャップが装着されているそうだ。


問題は、色んな形態のガス抜きキャップがあるが、

認知されておらず、

使われずに捨てられるケースがほとんど、


私も知らなかったが、

手持ちのヘアスプレー缶を見てみると、

確かにガス抜きキャップが付いていた。


スプレー缶の排出実態を調査している専門家は、

使い切り、穴あけはしないのが望ましいと結論付けていた。

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。