1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

ニュースやテレビ番組を取り上げて気ままに書いてます。


プロフィール

bj70

Author:bj70
気ままに書いてます。
ごゆっくりどうぞ!!

i2i
CSS3のMedia Query
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

27

Category: その他テレビ

Tags: 最新脳科学で徹底解明  世界一受けたい授業  

本文: 0  Trackback: 0

最新脳科学で徹底解明
今日放送の「世界一受けたい授業」で、


「最新脳科学で徹底解明!

幽霊・金縛りは脳の錯覚だった!?」


という授業があった。


解説してくれた先生は、

「泰羅雅登」さん


普段、見たり聞いたりしていることは、

脳に入ってきた情報ではなく、


脳が解釈したものだそうだ。


番組で行われた実験では、

キューブが二つ並んでいて、

両方灰色の部分を指して、


何色ですかというものだったが、


片方は赤色に見え、

方片方は緑色に見えた。


普段は、反射してくる光の波長で色を見ているが、


それ以外に、

周りの色との対比から、

この部分は、赤や緑だという解釈をしているようだ。


つまり人の脳は、

周りの環境によって、

色を勝手に変えてしまっている。


人の脳は曖昧だという説明だったが、

それ以上に、


実際に見ていると思っている世界が、

脳が勝手に作り出しているということにビックリした。


事故などの時に起こる、

走馬灯現象もその一つで、

脳科学で説明できるようだ。


「泰羅雅登」さんはこう言った、


「自分たちの見えている目の前の世界は、

本当に見えているのですか?」



実は、手を伸ばして、

指3本くらいのところはハッキリ見えているそうだが、


その周りは、

ほとんど見えていないようだ。


しかし、

ハッキリ見えている。


周りの部分は、

脳が、色んな情報を使って補い、

解釈しているそうだ。


走馬灯現象の場合は、

普段はたくさんの情報の中から、

重要な情報だけを取り出しているそうだが、


危機的な状況になった時には、

脳が感覚を活性化して、

普段捨てている情報も処理するため、


時間が長く感じられるようだ。


他にも幽霊や、

金縛りについて、

脳科学で解明していたが、


それでは説明できないことも体験している。


それについてはまた....


続き

「脳科学で解明できない幽霊?」

↓ ↓

http://bj70.blog.fc2.com/blog-entry-153.html

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。