4
  07 ,2011

ニュースやテレビ番組を取り上げて気ままに書いてます。


プロフィール

bj70

Author:bj70
気ままに書いてます。
ごゆっくりどうぞ!!

i2i
CSS3のMedia Query
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11

Category: ニュース・日記

Tags: 2002年  野鳥撮影  Birder  

本文: 0  Trackback: 0

2002年の野鳥撮影 Birder
2002年12月号の、

バードウォッチングマガジン「Birder」を見たら、

「始めたい!野鳥撮影」

という特集があった。
(当時読んでいます)


野鳥撮影虎の巻では、

構図やピント、シャッター速度、

露出、被写界深度、テレコンについて書かれている。


そして、多くの野鳥カメラマンから高い評価を受けている

2機種のカメラとして、


CANONの「EOS-1V HS」と、

NIKONの「F5」の徹底分析がされている。


そう、この頃は、

多くのカメラマンが、フィルムカメラで撮影していたのだ。

※(すでにデジタル一眼レフも普及していましたし、
デジスコで撮影する人もおりました。)

(同2002年8月号では、「デジスコ入門 ~デジタルカメラで野鳥写真~」
という特集が組まれています。)


私はというと、フィルムはフィルムなのだが、

オートフォーカスの時代にあって、

マニュアルの機材をメインで使っていた。


カメラは、CANONの「NF1」をはじめ、「旧F1」「旧F1N」「A1」

レンズは、CANONの「NFD 500 F4.5」「NFD 600 F4.5」「NFD 800 F5.6」

など....


その後、2003年の途中から、

メイン機材をオートフォーカスに移行するとともに、

デジタル一眼レフも取り入れた。


2002年当時撮った写真を見ていたら、

こんなのが出てきた。


カモシカ 2002年 NFD856


ネガとポジで撮ったが、

こちらはネガの方....


「A1」と「NFD 800 F5.6」で撮っているが、

この写真には苦い思い出がある。


この写真ではわからないが、

途中から雨が降ってきて、

撮影後、レンズを劣化させてしまった。


カビではないかと思うのだが、

CANONさんのサービスでは、

レンズの劣化で玉の交換になると言われた。


前玉だったため、

7〜8万くらいかかった。


修理後もちょっとした問題があり、

2度ほどサービスに送り返して、

最終的には納得のいく形となったが、

苦い思いでである。


オートフォーカス全盛の時代にあって、

マニュアルの機材を使っていたのにはいくつか訳があり、


その1つは、「カワセミ」と「ヤマセミ」を、

強烈にきれいに撮られている方がいて、


その方がCANONのNFDを使っていたからだ。


名前を出す訳にはいかないが、

当時、ホームページで写真を公開されていた。


プロのカメラマンの方だ。


面識はないし、

何人かに聞いてみたが、

知っている人はいなかった。


もしかすると、

名前を勘違いして覚えているのかもしれない。


何の話だったかわからなくなったので、

今日はこの辺で....

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。