17
25
  05 ,2011

ニュースやテレビ番組を取り上げて気ままに書いてます。


プロフィール

bj70

Author:bj70
気ままに書いてます。
ごゆっくりどうぞ!!

i2i
CSS3のMedia Query
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

31

Category: ニュース・日記

Tags: 原付バイク      

本文: 0  Trackback: 0

原付バイクに乗っていると危ないめに
最近、原付バイクで出かける機会が多いのだが、

危ないことが結構ある。


車からすると、視界に入らないのかわからないが、

今日も冷っとさせられた。


こちらは、直進していたのだが、

対向車が急に右折してきた。


気が付いていないかも知れないが、

かなりの勢いでブレーキを踏んでいる。


そのお陰でぶつからずにすんでいることに気づいてほしい。


思わず声を上げてしまったが、相手には伝わらなかった。


こんなこともあった。


カーブでの話だが、

対向車が、まっすぐ突っ込んできたのだ。


言葉では伝えづらいが、

カーブを曲がらずに、まっすぐ走っていた。


こちらがいなければ問題ないが、

対向車(原付)がいることに、気がついてほしい。


危うく、ガードレールに挟まれるところだった。


過去にさかのぼるとさらに酷いことがある。


前方を走っている車が、突然左折した。

うっかり巻き込まれてしまった。


巻き込まれながらも走行し続けたため、

転倒はしなかったものの、

バイクの一部が破損した。


車の方も、ミラーが外れたような記憶がある。

どう考えても車が悪いはずだが、


あろうことか、車の運転手が文句を言ってきた。

文句をいいたいのはこちらの方である。


車側からすれば、

バイクはちょろちょろしていて危ないと思うかもしれないが、

もう少し気をつけて運転してもらいたいところだ。

スポンサーサイト

30

Category: ニュース・日記

Tags: 温泉    四股  

本文: 0  Trackback: 0

温泉に行ったら裸で四股を踏んでいる人がいた
久しぶりに温泉へ行ってきた。

結構有名な温泉のようだ。


入浴料は500円、ま~高くもなく安くもなく....


まず、風呂に入ろうと思い脱衣室に行くと、

真っ裸で四股を踏んでいるおじいちゃんがいた。

しかも鏡に向かって。


これが、一度や二度ではなく、延々と四股を踏んでいる。


脱衣室全体が響いていた。

元気なおじいちゃんだ。


温泉の方は小ぢんまりしていて、泉質は見てこなかったが、

錆色に近い湯だった。


鉄分が含まれているのではないかと思う。

体をタオルで拭くと、タオルが黄土色になった。


内風呂と外風呂があり、

内風呂は熱めだが、外風呂の温度はかなり低かった。


内風呂は、浴室と洗い場を含めて、

3間の3間くらいの大きさで、

浴槽と腰壁はタイルが貼ってあるが、

腰上は桧の板が貼ってあった。


この板は、どうやら最近貼られたもののようだ。

写真も撮ってきたからそのうちアップしようと思う。
(浴室は撮っていない)


休憩を挟んで2度入ったが、

休憩中にかけそばを食べた。

予想通りだが味のほうは....


休憩室にはそれなりの年恰好のカップルがいたが、

夫婦ではないようだった。

聞くつもりはないのだが、話が聞こえてきてしまう。

このカップル実は....人のことを話のはやめておこう。


久しぶりの温泉は気持ちよかった。

強引なまとめになってしまった....

29

Category: その他テレビ

Tags: 野鳥Gメン  日曜ビックバラエティ  平野虎丸  

本文: 0  Trackback: 0

野鳥Gメン 日曜ビックバラエティ
TV東京で、1月23日(日)に放送された番組だが、

日曜ビックバラエティ「悪い奴からあなたを守る 激撮!スゴ腕Gメン」

というのを再放送というか地方の放送で見た。


と言っても、テレビをつけたときはすでに終わる頃だったが....


番組の内容は、様々な社会悪に対し、

警察とは別に、摘発などの行為を行うGメンたちに密着して、

日本の現況を探るというものだった。


私が見たのは、最後の「野鳥Gメン」


今回紹介された「野鳥Gメン」は、「平野虎丸」さんという方だった。

「平野」さんは、、野鳥密猟監視活動を始めて226年になるそうだ。


番組では、「メジロ密猟者を追え」として、

「平野」さんの、野鳥密猟監視活動を紹介していた。


「平野」さんが、活動を始めたのは、

山に行ったら野鳥がいなくなっていたのがきっかけのようだ。


野鳥の密猟や密売が後を絶たず、

メジロは、鳴き声を競う「競鳴(きょうめい)会」で、

成績がいいと、1羽数万円で取引されるようだ。


「平野」さんは、密猟や野鳥が飼われている現場に行くと、

野鳥を預かってくる。


長い間、カゴの中で飼われた野鳥は、

すぐに山に放しても生きていけないからだ。


預かった野鳥は、木が数本植えてあるリハビリ小屋で慣れさせる。

野鳥であるにも関わらず、自然での生活を忘れてしまい、

木に止まることもできない。


また、長いカゴの中の生活で、

爪が伸びすぎているので、切ってやる必要もあるようだ。


3~4日、リハビリ小屋で過ごして木に止まれるようになると、

「平野」さんは、別れの扉をそっと開ける。


テレビでは紹介されていなかったが、

山に餌がないと、放鳥した野鳥が、

リハビリ小屋の餌を食べにくるようだ。


私も、写真を撮るなど、野鳥との関わりがあるが、

野鳥は、法律で飼ってはいけないことになっている。


番組では、「メジロ」を例に紹介されていたが、

「ヤマガラ」などの話も聞いたことがある。


法律で決められているからではなく、

野生は、自然の中にあるべきだと思っている。


保護を目的とするものは仕方のないことだが、

保護しなければいけなくなった原因を作ったのも人間だ。


野鳥の写真を撮るものとして、

気をつけたいことがある。


きれいな(お気に入りの)写真を撮るために、

手段を選ばなくなってしまったらお終いだ。


邪魔な枝を切ってしまったり、

大切な湿地に踏み入れてしまうなど、

目にあまる行為をいくつか見てきた。


そんな時は、一食即発のムードで、

喧嘩になるんじゃないかと思えるほどだ。


特にたちの悪いのは、

集団で行動をするカメラマン。


集団で行動するのが悪いわけではないが、

他を寄せ付けない雰囲気、

と言うより、俺たちが作った場所だから近づくな!

というようなことを言ってくる。


邪魔な枝を払い、背景もきれいなものだけ残すなど、

環境ごと造ってしまうのだ。


私から見ると、なんと不自然なことか。

言いたいことは山ほどあるが、

この辺でやめておく。

28

Category: ニュース・日記

Tags: オークション  落札  相場  

本文: 0  Trackback: 0

オークションの落札相場を調べる
最近オークションはしていなかったが、

久し振りにほしいものがあったのでやってみた。


一応落札できた。

久し振りにやってみて、気をつけた方がいいと思ったことを1つ挙げる。


「落札相場について」


慣れているいる人は、あらかじめ落札相場を調べていると思うが、

意外と、知らずに落札して、

後で落札相場というか、半値くらいで落札されていたり、

同様に半値で終了したオークションがあったりして、

ショックを受けることもあるのではないだろうか?


知っている人も多いと思うが、

「aucfun(オークファン)」という、

落札相場を調べることができるサイトがある。


会員登録をしなくても、落札相場を調べるこができる。


「aucfun(オークファン)」:http://aucfan.com/
(リンクは貼ってません。)


このサイトに行くと、

左上の「落札相場」にチェックが入っていると思うので、

検索蘭に、落札相場を調べたい商品の型番などを記入して、

「検索」をクリックすると、最近30日間の平均落札価格と、

落札された商品の詳細情報を見ることができる。


ただし、落札された商品のページが、

削除されている場合は調べることができないようだ。


また、検索期間を変更したい場合は、

平均価格の右横に、

4月 3月 ....と月が表示されているので、

調べたい月をクリックして、

「期間変更をしたいサイトを以下から1つ選択して下さい。」

と出たら、サイトを選ぶと結果が表示される。


現在表示されるサイトは、

「YAHOO!オークション」「モバオク」「楽天オークション」「ビッターズ」


1年以上前のデータを見たい場合は、

「プレミアム会員登録」が必要になる。


自分が安いと思っていても、誰も入札していない商品の場合、

落札相場からかけ離れている可能性がある。


また、YAHOO!オークションを例に取ると、

入札しようと思っている(気になっている)商品の、

オークションページ右上に、

「出品者の情報」と書かれた欄がある。


ここで、「評価:○○○(評価の詳細)」の、
(○は数字)

評価の詳細をクリックすると、

出品者の評価を見ることができる。


出品者の評価は皆さん見ていると思う。
(見ていない方は参考に)

で、何をいいたいかというと、

出品者も、同様にオークションで商品を手にしている場合がある。

その場合、いくらで落札されたものか見ておいたほうがよい。


「この商品は終了しています」と表示されるが、

下へスクロールしていくと、

オークションの情報が見れるようになっている。


ことのとき、「指定されたドキュメントは存在していません。」

と表示された場合には、削除されてしまっている。


この場合、先にも書いたが、情報を見ることはできない。


そして、自分が落札した価格に、かなり上乗せしている可能性がある。


また、商売としてやっているかもしれない。


オークションで安く買って、高く売るのが悪いとは言わないが、

できれば、安く買いたいものだ。


こうした場合、価格のつけかたにも特徴があるように思う。

勝手な推測だが、

見ていると、落札されたい金額から開始している。

定額出品、ましては1円出品などはされていない。


自分が安いと思っても、入札前に注意したいところだ。


書きたいことはまだあるが、

長くなったのでまたそのうちに....

27

Category: ニュース・日記

Tags: 宮嶋茂樹  スタジオパークからこんにちは  

本文: 0  Trackback: 0

宮嶋茂樹さん スタジオパークからこんにちは
今日放送の「スタジオパークからこんにちは」

を見ていたら、


報道カメラマンの「宮嶋茂樹」さんが出ていた。


「宮嶋茂樹」さんは、

かつて、「フライデー」編集部所属の

カメラマンだったことでも知られている。


また、文筆家としても活動しており、

関西弁の文体で、数多く執筆している。


「不肖・宮嶋」というのが通称だ。


戦地に行く前に、空港で機材など一式没収されてしまった話や、

東日本大震災被災地での話などをしていた。


東日本大震災は、今まで見てきたどんな戦地などより、

悲惨な状態だと話していた。


そして、初めて写真の限界に気づいたそうだ。

今まで、皆の代わりに、俺が現地に行って写真を撮ってくるから、

その写真を見てくれ!

と思っていたそうだが、

今回ばかりは、現地に行って見てほしいと言っていた。


視聴者からの質問で、

今まで写真を撮れなかった(シャッターを押せなかった)ことは?

の問いに、


殆どないと答えていた。


泣くのも笑うのも、

現場を離れてからでいい、と思っているそうだ。


そんな「宮嶋茂樹」さんだが、

東日本大震災では、

涙が溢れて、写真が撮れない場面があったようだ。


「宮嶋茂樹」さんが、戦地などの現場に行く際は、


絶対に帰ってくることと、

手ぶらでは帰らないという覚悟で臨んでいると話していた。


余談だが、

圧倒的にデジタルを使うカメラマンが多い中で、

「宮嶋茂樹」さんは、

銀塩カメラを使っている。


以前見た番組で、


銀塩で撮った写真と、

デジタルで撮った写真を当てるというものをやっていたが、

「宮嶋茂樹」さんは、見事外していた。


m(_ _)m

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。