1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

ニュースやテレビ番組を取り上げて気ままに書いてます。


プロフィール

bj70

Author:bj70
気ままに書いてます。
ごゆっくりどうぞ!!

i2i
CSS3のMedia Query
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08

Category: 噂の!東京マガジン

Tags: そっと触るだけで肩こりを直す方法  佐藤青児  噂の東京マガジン  

本文: 0  Trackback: 0

そっと触るだけで肩こりを直す方法 噂の東京マガジン
本日放送の「噂の東京マガジン」で、

「そっと触るだけで肩こりを直す方法」が紹介されていた。


肩こりというと、

揉んだり押したりする人が殆どだと思うが、

月見歯科クリニック院長で、

歯科医師の「佐藤青児」さんは、

揉まず押さずという独自のケアを考案し、

評判になっているそうだ。


↓「さとう式基礎の基礎」




「佐藤青児」さんによれば、

首の後ろ側から背中の上部までを覆う、

僧帽筋という筋肉の硬直が肩こりのもとで、

僧帽筋を緩めることが重要だが、

脳には、筋肉を収縮させる指令系統はあるが、

緩める指令系統がなく、

筋肉を緩めようと思っても筋肉は反応しないが、

ごく弱い力で触れることで、

その部分が緩むそうだ。


↓「月見歯科クリニック」

http://www.geocities.jp/ddwts503/


スポンサーサイト

09

Category: 噂の!東京マガジン

Tags: 水筒の危ない使い方、見分け方  噂の!東京マガジン  

本文: 0  Trackback: 0

水筒の危ない使い方、見分け方 噂の!東京マガジン
本日放送の「噂の!東京マガジン」、

“中吊り大賞 気になる見出し”に、

週間朝日の「水筒の危ない使い方、見分け方」

が選ばれていた。


エコブームの背景から水筒が大人気で、

昨年は2,000万本売れ、

大人でも持ち歩く人が増えてきたが、

使い方を間違うと金属中毒を起こしたり、

火傷の危険があるそうだ。


水筒に関する注意



①酸性や塩分が強い物を入れ、ろくに洗いもしなければ、

劣化して腐敗、腐食を起こす。


②牛乳、乳飲料、果汁飲料あるいは、

味噌汁やスープは入れないほうが良い。


③使用後はすぐ洗うのが良いが、

金属たわしでは洗わない。つけ置きもNG


④安さだけで商品を選ばず、

冷たいもの、温かいものなど用途を考えて購入する。

26

Category: 噂の!東京マガジン

Tags: 払わない男増殖中  デート割り勘どころか  噂の!東京マガジン  

本文: 0  Trackback: 0

払わない男増殖中 デート割り勘どころか 噂の!東京マガジン
本日放送の「噂の!東京マガジン」、

中吊り大賞に、

AERAの「払わない男増殖中 デート割り勘どころか」

が選ばれていた。


AERAによれば、

仕事が良くできる若い男性を高スペックと呼ぶが、

その高スペックな男性は、

女性と食事をしても、

割り勘どころか女性に払わせるそうだ。


この手の男性が増えていて、

20代前半の男性が良く使う言葉に、

「誰得」という誰にとって得なのか?という言葉があり、

損得勘定が強く見返り思考が強いとか....


コストパフォーマンスを凄く気にする彼らの優先順位は、

1位が自分、2位が仕事、3位が彼女で、

食事をおごる価値がないと思ったら払わないそうだ。


また、デートより自分磨きに金をかける彼らは、

一番好きなのは自分で、

結婚しても変わらず生活費も折半するとか....

19

Category: 噂の!東京マガジン

Tags: カラダにまつわる都市伝説  噂の!東京マガジン  

本文: 0  Trackback: 0

カラダにまつわる都市伝説 噂の!東京マガジン
本日放送の「噂の!東京マガジン」、

中吊り大賞 気になる見出しに、

週刊女性の「カラダにまつわる都市伝説」が選ばれていた。


カラダにまつわる都市伝説



巷で言われている健康常識がホントかウソか?


・「シャックリはビックリさせられると止まる」

ホント:シャックリの原因である乱れた横隔膜と声門の動きを、

衝撃により止めることができる。


・「酢を飲むと体が柔らかくなる」

ウソ:体の柔軟性は関節の問題で骨とは関係ない。


・「近視の人は老眼にならない」

ウソ:老眼は加齢とともに必ずやってくる。


・「雨が降ると古傷が痛む」

ある意味ホント:高気圧から低気圧になる時、

血流が悪くなって痛くなることがある。


・「O型の人は蚊に刺されやすい」

ホント:O型の血液は、

花の蜜と非常に近い分子構造をしているので、

蚊を惹き付ける。


・「火傷にはアロエが効く」

ウソ:火傷をしたらまず水道水で汚れを落とし冷やすこと。

その後の処置として、

軽いやけどならアロエが効くこともある。


効くことがあるのであれば、

ある意味ホントではないだろうか?

12

Category: 噂の!東京マガジン

Tags: 富士山バカ登山者たちのトンデモない行状  噂の!東京マガジン  

本文: 0  Trackback: 0

富士山バカ登山者たちのトンデモない行状 噂の!東京マガジン
本日放送の「噂の!東京マガジン」、

今週の中吊り大賞に、

新潮の「富士山バカ登山者たちのトンデモない行状」

が選ばれていた。


富士山と言えば、

世界文化遺産へ登録される見通しだが、

マナーを守らない登山者、

スキーヤー、スノーボーダーが後を絶たず、

事故も急増しているそうだ。


昨年、静岡県警が扱った事故者は70人にのぼり、

うち死亡者9人、重傷者4人....


山は自己責任でと言うが、

遭難事故になった場合、地元の警察、

救助隊、山小屋の従業員が出動と、

大迷惑をかけることになるが、

遭難救助を要請しても、

費用を踏み倒す人が3割いるそうだ。


山ガール、山ボーイが急増し、

カッコだけは一人前だが、

未熟な登山者やマナー違反が目立つとか....


また、バイオを利用した有料トイレは、

コインを200円入れるとドアが開閉する仕組みになっているが、

“開けっ放しにしとけば全員入れるよ”

と指導するガイドもいるそうだ。


2016年には、

ユネスコに報告書を提出しなければいけないが、

マナーが守れず環境が悪化すれば、

世界文化遺産への登録が、

抹消される可能性もあるそうだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。